TopPage
よくあるご質問

PowerCinema NE For Everio
Q1 再生画がコマ落ちしたり音切れがします。
A1 サムネールが表示されていないときは、サムネールの作成中です。サムネールの作成中に再生をすると、映像がコマ落ちする場合があります。
お使いのパソコンがPowerCinemaの動作環境を満たしているか、取扱説明書−パソコン編−でご確認ください。
Q2 バックアップフォルダのなかにファイルが見つかりません。
A2 PowerCinema for Everioを再インストールすると、バックアップの履歴情報が失われます。そのため、「ビデオの再生」や「写真の再生」で「バックアップフォルダ」を選んだときに、動画や静止画を閲覧できなくなります。
「バックアップフォルダ」画面で「ローカルディスク:C」を選び、バックアップフォルダ
(例 [C: ¥MyWorks¥EverioBackup])を選んで、動画フォルダまたは静止画フォルダを参照してください。(「パソコンに保存したファイルを削除するには」を参照してください。)
ただし、イベント機能を使用できません。
また「コピー/編集」で、バックアップフォルダのファイルを扱えなくなります。 次の項目(Q3)を参考に、PowerCinema for Everioを使用しない方法で編集してください。
Q3 コピーフォルダなど、他のフォルダのファイルを編集することはできますか。
A3 PowerCinema for Everioを使用せず、次の手順でファイルを選んで編集します。
[編集の場合]
1) スタートメニューの「すべてのプログラム」から、[CyberLink BD Solution]-[ PowerDirector Express] -[ PowerDirector Express]を選び、PowerDirector Expressを起動します。
2) PowerDirector Expressの「ファイル」メニューから[読み込み]-[ファイル]を選択し、ファイルを選択します。
[ディスク作成の場合]
スタートメニューの「すべてのプログラム」から、[CyberLink BD Solution]-[PowerProducer] -[PowerProducer]を選び、PowerProducerを起動します。
PowerProducerの「ディスク」画面で[読み込み]-[動画(静止画)]を選択し、ファイルを選択します。
設定を変更をしていない場合、コピーフォルダは作業フォルダ(C:\MyWorksなど)に「EverioCopy」というフォルダ名で作成されます。
Q4 Everioに保存したTPDファイルをPowerCinemaで再生できません。
A4 Everioの「EXTMOV」フォルダにあるファイルは、PowerCinemaで再生はできません。Everio本体で再生するか、パソコンのハードディスクにファイルをコピーしてから再生します。
PowerDirector 5 NE Express
Q1 TPDファイルの再生時にコマ落ちしたり音切れがします。
A1 「出力」-「ファイル形式出力」のStep 2の画面で「SVRTを使用する」にチェックせずに、TPDファイルを作成してください。
Q2 「ディスク形式出力」で作成したDVDビデオやブルーレイディスクで、編集した(効果をつけた)部分の画像や音声に異常があります。
A2 「ディスク形式出力」の代わりに、「ファイル形式出力」を使用してください。 「出力」-「ファイル形式出力」のStep 2の画面で「SVRTを使用する」をチェックせずに、MPEG-2ファイルを作成します。続いて、PowerProducerでこのファイルを読み込み、ディスクを作成します。
Q3 編集画面の「音量レベルの調整」ボタンと「アフレコ」ボタンが押せません。
A3 Windows Vista搭載の一部のPCでは、オーディオの外部入力端子(Mic,AUXなど)に何も接続されていない場合、編集画面の「音量レベルの調整」ボタンと「アフレコ」ボタンが使用できない場合があります。この場合は、外部機器を接続してソフトを立ち上げなおしてください。
PowerProducer 3 NE
Q1 BDAVのタイトル数、チャプタ数はいくつまで設定できますか。
A1 タイトルは1枚のディスクあたり98個まで、チャプターは1つのタイトルあたり99個まで設定できます。
Q2 記録時間の短い動画ファイルをインポートできない。
A2 2秒未満のファイルはインポートできません。
Q3 100個以上など多数の動画ファイルをインポートできない。
A3
DVD、BDAVとも98個を超える動画ファイルはインポートできません。
インポートする動画ファイルの数量が多い場合に、エラーとなる場合があります。選択するファイル数を50個以下にしてください。
ファイル毎にディスクのタイトルにする必要がない場合は、PowerDirectorで動画を連結させてディスクを作成する方法があります。
Q4 サムネールが表示されません。
A4 タイトル数が多い場合にお客様のPCの環境によって、このような症状になります。
そのままディスクを作成しても、作成したディスクは問題ありません。
このページのトップへ
(c) Copyright 2007 Victor Company of Japan, Limited All Rights Reserved.